2018年12月10日月曜日

「作品紹介私が書いてみるとしたら・・」坂倉花奈

小学3年生の時、
私は学級委員で学級会の司会進行をしていました。

あるクラスの男子が学級会で何かの係を引き受けるときになかなか返事せずに渋っていたので

「別にやるかやらんかだけ言えばええだけやん、早よ返事しいや、

と、言ってしまったことがあります。

それも、思いの外強めに声が出てしまい、本当に文字通り思ったことを言っただけで特に責める意味合いはなかったのですが、結果的に泣かせてしまいました。

いや、それがまた、私はその子のことが好きで、一緒に帰ったり手紙のやり取りをしたり仲もかなり良かったのですが、それ以来めっきり話すことはなくなってしまいました。

言い訳とか、謝罪とか、すれば良かったのかなあとも思うのですが、そういうこともできませんでした。
なぜかは分からないのですが。


思ってもないことを勢いで言ってしまったり、
言ったことが自分の思う意味合いで伝わらなかったり、
言葉が足りなくて誤解を招いたり、
言葉のやり取りって難しいなあと、日々感じています。
私は特に下手な方だなあと痛感します。謝りたいことばかりです。謝られても困ると思うけど。


自分の気持ちが伝わればいいのに、と思うことは確かにありますが、言わずとも分かって欲しいっていうのは相手に甘えてしまってるよな…とも思います。
伝わることも、あると思うけど。
そこもまた、難しい。。



今回の「氷の中のミント」では、登場人物の心の声がダダ漏れの状態で見えますが、言葉にしてない情報も多すぎて、お客さんに伝わることは人によって全く違うんじゃないかなあと思います。いや、演劇ってそういうものか。
私自身、稽古場で感じることが日々違っていて新鮮で面白いです。
それだけ魅力的な人たちと一緒にいるってことなのかもしれないけど。


今の言い方大丈夫でした…?
坂倉花奈
























-------------公演情報
青年団若手自主企画vol.76 穐山企画『氷の中のミント』
作・演出:アキヤマナミ



























*あらすじ
25歳になってアラサーを意識した。
26歳になって今の自分を振り返った。
27歳になって結婚を考えた。
前の自分と今の自分を比べたら、
ちょっと新しい自分がいた。
同じ時間、思考の中で、もう一人の自分が、叫んでる。
嫌なにおいがする。ような気がする。ワタシの体から、
ワタシの見えない気持ちから嫌なにおいがしてる。


*出演
岩井由紀子(青年団/グループ・野原) 坂倉花奈(青年団) 
中藤奨(青年団) 佐藤岳(無隣館) 北村汐里

*声出演
藤瀬典子(青年団)


*日程
2018年12月
13日(木)19:30★
14日(金)19:30
15日(土)14:00★/18:00
16日(日)11:00★/15:00
全6ステージ|上演時間約90分
受付開始=開演の30分前・開場=開演の20分前

★の回終演後、アフタートークを開催いたします。
13日(木) 19:30
ゲスト:佐々木敦氏(批評家・HEADZ主宰)

15日(土) 14:00
ゲスト:大池容子氏(劇作家・演出家/うさぎストライプ主宰/青年団演出部/アトリエ春風舎芸術監督)

16日(日) 11:00
ゲスト:本坊由華子氏(世界劇団主宰)


*会場
アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。


*チケット料金
〇予約 = 一般:2,000円/U-26:1,500円

〇当日 = 一般:2,500円/U-26:1,800円

*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
*ユース(26歳以下)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。


*チケット取り扱い
青年団 
TEL:03-3469-9107 (12:00 - 20:00)


*スタッフ
舞台監督:海津忠(青年団)/舞台美術監修:濱崎賢二(青年団)
演出助手:安田晃平/照明:高木里桜/音響:櫻内憧海(無隣館)
宣伝美術写真・イラスト:げんばほのか/制作:太田久美子(青年団)

企画制作:穐山企画/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
総合プロデューサー:平田オリザ
技術協力:大池容子(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂 (有)レトル グループ・野原 となりの芝生

助成:
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会


*コメント
今回は、大事なことは言わなきゃ伝わらないをテーマに作品を書いてみました。
本音と建て前を使い分けて生活しているのがごく当たり前になって、それが固定されていって、
本当の自分が分からなくなるなと、思ったことをきっかけに一人の女性から自分なりに紐解きました。
その場その場で変わっていく人との関係性の裏に、潜む本音は、いつ日の目を浴びるのか。


*アキヤマナミ プロフィール
1992年生まれ、香川県出身。青年団演出部、ハイバイ作家部に所属。
四国学院大学身体表現と舞台劇術マネジメント・メジャー(通称:演劇コース)2期生、2014年度卒業。
在学中、演劇ユニット「となりの芝生」にて活動を開始。香川県坂出市の「旧藤田外科アートプロジェクト」に
参加したことをきっかけに、愛媛県内での活動も行う。東京公演は2017年1月に公演した
『青春、さよなら、母さん、フリー/最低・観察時間』が、初となる。代表作は学生時代にわれわれのモロモロで
書いた『最低・観察時間』。自身の経験を主軸とし、シュールかつ、気の抜けたテンションで、体験談を観察していく。
今回、東京では2回目の公演となる。


*お問い合わせ 
青年団 03-3469-9107(12:00 - 20:00)

2018年12月2日日曜日

12月になりましたね!

皆さまお元気ですか?
ほんとにどんどん寒くなりますね。
風邪にはお気をつけください。

さぁ、ついに12月になりました!
今月の13(木)~16(日)に本番を迎えます。
ほんとにあっという間ですね。

台本の形も第一稿と比べると、
大分変わりました。

この変化の仮定はお客様にお見せすることはありませんが、それを経ての作品は日に日によくなっています。

その集大成をみていただきたい限りです。
今日で通し3回目となり、稽古場もいい雰囲気で活動できてるかと思います。

是非、お楽しみに。

 ※隅っこに中藤さん、坂倉さん、岩井さん

 ※珍しく演出側が写ってます(笑)

※いい写真


* * * * * * * * * *



青年団若手自主企画 穐山企画vol.76『氷の中のミント』

作・演出:アキヤマナミ

25歳になってアラサーを意識した。
26歳になって今の自分を振り返った。
27歳になって結婚を考えた。
前の自分と今の自分を比べたら、
ちょっと新しい自分がいた。
同じ時間、思考の中で、もう一人の自分が、叫んでる。
嫌なにおいがする。ような気がする。ワタシの体から、
ワタシの見えない気持ちから嫌なにおいがしてる。




出演

岩井由紀子(青年団/グループ・野原)

坂倉花奈(青年団) 
中藤奨(青年団)
佐藤岳(無隣館) 
北村汐里
声出演
藤瀬典子(青年団)
日時 <全6ステージ・上演時間約90分>
2018年12月
13日(木)19:30★佐々木敦氏(批評家・HEADZ主宰)
14日(金)19:30
15日(土)14:00★大池容子(うさぎストライプ主宰)/18:00
16日(日)11:00★本坊由華子(世界劇団主宰)/15:00  
受付開始=開演の30分前・開場=開演の20分前
会場:アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。



チケット料金
予約
一般:2,000円/U-26:1,500円
当日
一般:2,500円/U-26:1,800円
*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
*ユース(26歳以下)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。
予約受付開始日
2018年10月13日(土)オンライン予約▶10:00時より TEL▶12:00時より
**こまばアゴラ劇場支援会員 2018年10月7日(日)



チケット取り扱い
青年団 
TEL:03-3469-9107 (12:00 - 20:00)


スタッフ
舞台監督:海津忠(青年団) 舞台美術監修:濱崎賢二(青年団) 
演出助手:安田晃平 照明:高木里桜 音響:櫻内憧海(無隣館)
宣伝美術写真・イラスト:げんばほのか 制作:太田久美子(青年団) 
企画制作 穐山企画/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 総合プロデューサー:平田オリザ 
技術協力:大池容子(アゴラ企画) 制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂 (有)レトル グループ・野原 となりの芝生

助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

2018年11月17日土曜日

観劇三昧、シアターガイド

皆さんお疲れ様です。

作・演出の穐山です。

ツイッターにはもう掲載されてるんですが、
この間下北沢にある観劇三昧さんで、
置きチラシをお願いしてきました!

観劇三昧さん、噂には聞いていましたが
今回行くのははじめてで緊張しました。

ですが、快くチラシもおかせていただき、
よかったら店内みてもらったり写真も大丈夫
とのことでバシバシとらせていただきました。

舞台が好きと言う方は、
是非一度いってみてください!

で、他にも宣伝のせさせてもらった雑誌が
ありまして12月号で休刊となってしまう、
シアターガイドさんに掲載させてもらってます。

500円なのにすごい情報がつまったものに
なっていて読みごたえが半端ないです。
昔から知ってるほんと言うこともあって、
すごく光栄でした。

そして、前回も載せていただいたステージナタリーさんにも情報のってますのでご覧いただければと思います。

 ※テレビがあって演劇みれます。

 ※グッズも盛りだくさん。

 ※平田オリザさんの書籍もあったり

 ※舞台で使う道具も少しですが
あるのが面白いです。

※最後はこのガチャ気になります。

2018年11月11日日曜日

アフタートークゲスト公開! !

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

だいぶ寒暖差もなくなってきて、
冷え込みが厳しくなりましたね。
風邪をひいたと言う話をよく耳にします。
お気をつけください。

どうも、こんにちは、作・演出の穐山です。

今日はポッキーの日ですね。
私ポッキーはあの、イチゴ味で、
生地がハート型になってるものが好きですね。
美味しくてオススメです。

お菓子は、稽古中食べたくなるので
食べ過ぎに注意ですね。
コワラのマーチとかあった日にゃ…。

では、本題、タイトルにもあった通り、
アフタートークゲストが決定いたしました!!

13日(木) 19:30
佐々木敦さん
批評家・HEADZ主宰

15日(土) 14:00
大池容子さん
劇作家・演出家/うさぎストライプ主宰
/青年団演出部/アトリエ春風舎芸術監督

16日(日) 11:00
本坊由華子さん
世界劇団主宰

以上3名の方たちに、お越しいただく予定です。

ぜひ、公演後のトークまで
お楽しみいただければと思います。

チラシには記載していない情報なので、
blogまたはTwitter、Facebook、青年団HP、
こまばアゴラ劇場HP、上でご確認ください。

利用してないよと言う、
知り合いの方いましたら決まってたよと
お伝えいただければ幸いです。

アフタートークも決まり、
本番が迫ってきてるなと実感しますね。

稽古も着々と進んでおります。

 ※左から中藤さん、坂倉さん、北村さん

※岩井さん、坂倉さん

役者さんたちは、台本をよく読んでくれているので
矛盾とか指摘してくれるいい稽古場です。

本番が楽しみですね。

チケット絶賛予約受付中です!
早めのご予約お待ちしております。


* * * * * * * * * *



青年団若手自主企画 穐山企画vol.76『氷の中のミント』

作・演出:アキヤマナミ

25歳になってアラサーを意識した。
26歳になって今の自分を振り返った。
27歳になって結婚を考えた。
前の自分と今の自分を比べたら、
ちょっと新しい自分がいた。
同じ時間、思考の中で、もう一人の自分が、叫んでる。
嫌なにおいがする。ような気がする。ワタシの体から、
ワタシの見えない気持ちから嫌なにおいがしてる。




出演

岩井由紀子(青年団/グループ・野原)

坂倉花奈(青年団) 
中藤奨(青年団)
佐藤岳(無隣館) 
北村汐里
声出演
藤瀬典子(青年団)
日時 <全6ステージ・上演時間約90分>
2018年12月
13日(木)19:30
14日(金)19:30
15日(土)14:00/18:00
16日(日)11:00/15:00  受付開始=開演の30分前・開場=開演の20分前
会場:アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。



チケット料金
予約
一般:2,000円/U-26:1,500円
当日
一般:2,500円/U-26:1,800円
*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
*ユース(26歳以下)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。
予約受付開始日
2018年10月13日(土)オンライン予約▶10:00時より TEL▶12:00時より
**こまばアゴラ劇場支援会員 2018年10月7日(日)



チケット取り扱い
青年団 
TEL:03-3469-9107 (12:00 - 20:00)


スタッフ
舞台監督:海津忠(青年団) 舞台美術監修:濱崎賢二(青年団) 
演出助手:安田晃平 照明:高木里桜 音響:櫻内憧海(無隣館)
宣伝美術写真・イラスト:げんばほのか 制作:太田久美子(青年団) 
企画制作 穐山企画/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 総合プロデューサー:平田オリザ 
技術協力:大池容子(アゴラ企画) 制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂 (有)レトル グループ・野原 となりの芝生

助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

2018年10月24日水曜日

チケット予約開始しました!!

季節の変わり目、
朝夜の寒さが厳しくなってきた近頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、作・演出の穐山です。

今月の10月13日(土)から
チケットの予約が開始しました!

顔合わせから、あっという間で、
もうドキドキしています。

ご予約いただきますと、
当日の価格よりほんの少しではありますが、
お安くなっております!

本番に近づいてきますと、一気に席が埋まる、
なんてこともあるかもしれません。
早めにご予約いだだけますと幸いです。

※予約に関しては、詳しくは下記に説明がありますので、
ご覧いただければと思います。

話は変わりまして、
稽古の方も日に日に進んでおります。

今回は台本が特殊な作りになっているので、
役者の方々と試行錯誤しながら作るのは、
とても楽しいです。

※中藤さんと坂倉さん

※中藤さんと北村さん

特殊な作りといってますが、
私自身が今までやりたかったものの一つになってます。

お楽しみに。

* * * * * * * * * *



青年団若手自主企画 穐山企画vol.76『氷の中のミント』

作・演出:アキヤマナミ


25歳になってアラサーを意識した。
26歳になって今の自分を振り返った。
27歳になって結婚を考えた。
前の自分と今の自分を比べたら、
ちょっと新しい自分がいた。
同じ時間、思考の中で、もう一人の自分が、叫んでる。
嫌なにおいがする。ような気がする。ワタシの体から、
ワタシの見えない気持ちから嫌なにおいがしてる。




出演

岩井由紀子(青年団/グループ・野原)

坂倉花奈(青年団) 
中藤奨(青年団)
佐藤岳(無隣館) 
北村汐里
声出演
藤瀬典子(青年団)
日時 <全6ステージ・上演時間約90分>
2018年12月
13日(木)19:30
14日(金)19:30
15日(土)14:00/18:00
16日(日)11:00/15:00  受付開始=開演の30分前・開場=開演の20分前
会場:アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。



チケット料金
予約
一般:2,000円/U-26:1,500円
当日
一般:2,500円/U-26:1,800円
*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
*ユース(26歳以下)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。
予約受付開始日
2018年10月13日(土)オンライン予約▶10:00時より TEL▶12:00時より
**こまばアゴラ劇場支援会員 2018年10月7日(日)



チケット取り扱い
青年団 
TEL:03-3469-9107 (12:00 - 20:00)


スタッフ
舞台監督:海津忠(青年団) 舞台美術監修:濱崎賢二(青年団) 
演出助手:安田晃平 照明:高木里桜 音響:櫻内憧海(無隣館)
宣伝美術写真・イラスト:げんばほのか 制作:太田久美子(青年団) 
企画制作 穐山企画/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 総合プロデューサー:平田オリザ 
技術協力:大池容子(アゴラ企画) 制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂 (有)レトル グループ・野原 となりの芝生

助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会